Rheumatologyリウマチ科

手のこわばりや関節の痛み、もしかしたらリウマチかもしれません。

朝起きた時の手のこわばり(関節の動かしにくさ) 、節々が痛いなどの症状があって「もしかしてリウマチ?」と心配になったことはありませんか?
関節リウマチは自己免疫性疾患のひとつです。普段は外から体の中に入ってきた異物を排除する免疫系のシステムが誤って自分自身の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気を自己免疫性疾患と呼びます。関節リウマチは免疫の異常により関節の腫れや痛みを起こし、放っておくとそのうち関節の変形をきたす病気です。主に手足の関節で起こりますが内臓を侵すこともあるので注意が必要です。

当院はリウマチ・膠原病疾患の専門クリニックですので、関節の診察や血液検査、レントゲン検査、関節エコー検査を行い、「リウマチかどうか」を総合的に判断することが可能です。早期診断・早期治療が出来れば関節の破壊や変形の抑制に繋がりますし、専門的な治療(抗リウマチ薬、免疫抑制薬、生物学的製剤等)を医師の判断のもと継続して行うことにより、症状がおさまり病気をコントロールできている「寛解」という状態を目指すことができるようになりました。以下のような自覚症状のある方や検査で異常値がでた方はお早めにご相談ください。

このような症状や異常がある場合、リウマチの疑いがあります。

  • 朝のこわばりがある
  • 手が握りにくい
  • 関節の腫れや痛み
  • ペットボトルを開けづらい
  • 靴紐が結びにくい
  • 足の付け根が痛む
  • 起き上がれないほどの筋肉痛
  • レイノー症状(寒い時の手指の変色)
  • 眼や口の乾燥症状がひどい
  • 動いていると楽になる腰痛
  • 血液検査で異常値がでた(リウマチ因子、抗CCP抗体が陽性)
  • 血縁者にリウマチの人がいる

リウマチの主な検査方法

血液検査
関節リウマチかどうかを確実に診断するために、まずは血液検査でリウマチ因子(RF)、抗CCP抗体、MMP-3などを測定します。血液検査を行うことにより、関節リウマチの可能性を調べるとともに他の病気との鑑別を行うことが可能になります。
画像検査
X線(レントゲン)検査、関節エコ-検査、CT検査、MRI検査などで関節の状態を確認します。血液検査だけでは判断ができないリウマチかどうかの診断、進行状態の判定、治療中の方では効果の判定などに有効な検査です。

リウマチの治療について

リウマチの治療法としては大きく、基礎療法(日常生活での注意点の指導)・薬物療法・リハビリテーション・手術療法の4つに分類することができます。当院では、薬物療法を中心に総合的な治療を行っています。まずは経口薬であるメトトレキサートから開始し経過を見ながら、それぞれの症状に適している生物学的製剤やJAK阻害薬、他の抗リウマチ薬の併用などを選択していきます。手術が必要な場合、外科的な評価・処置等が必要な場合には近隣の整形外科クリニック、病院と連携をいたします。

以前は「治らない病気」と言われることもありましたが、リウマチの治療は日々進化しており、適切な判断と治療を行うことで、健康的な生活を送ることが可能です。関節リウマチの治療目標は炎症を抑える、骨や関節の破壊を抑える、ごく普通の生活ができるようになるということです。関節リウマチを心配されている方、関節リウマチと診断され症状が続いている方はぜひリウマチ専門医へご相談いただければと思います。