Palliative Medicine疼痛緩和内科

痛みをやわらげ、生活の質の改善を図るのが疼痛緩和内科です。

痛みには、身体の異常事態を知らせる大切な役割があります。しかし、継続する痛みや我慢できない痛みに襲われると生活の質は低下します。
まずは痛みの原因を知ること、そして痛みを早くやわらげ上手につきあっていくことが大切です。疼痛緩和内科では、薬物療法やエコーガイド下Fasciaリリース、トリガーポイント注射などを用いて痛みをやわらげることで、日常動作の改善や生活の質の改善に繋げることを目的として治療を行っていきます。

例えば、こんな痛みに苦しんでいませんか?

  • 関節リウマチによる痛み
  • 変形性膝関節症による痛み
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 糖尿病神経障害に伴う痛み
  • 線維筋痛症に伴う痛み
  • 肩こり、腰痛

主な治療法

薬物療法
痛みを緩和するために最も一般的に実施される治療として「薬物療法」が挙げられます。
薬物療法に用いる主な薬剤には、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)、アセトアミノフェン、神経障害性疼痛治療薬、オピオイド、鎮痛補助薬、ステロイド、麻酔薬などがあります。
痛みの原因や、お一人おひとりの症状にあわせて専門医が様々な薬剤の中からもっとも適したものを処方します。定期的に経過を見ながら医師の判断のもと服用していくことで痛みをコントロールすることが可能です。
エコーガイド下Fasciaリリース、トリガーポイント注射
運動器(身体運動にかかわる骨、筋肉、関節、神経)の痛み、難治性の痛みに対してエコー機器を用いて原因を見つけ、生理食塩水や麻酔薬を注射をすることで症状の改善や症状の緩和を目指します。