Respiratory Medicine呼吸器内科

長引く咳や息切れなど呼吸に関するお悩みはありませんか?

咳が長期間続いたり、よく息切れがするようになったなどのお悩みは、肺の病気や様々な呼吸器疾患が原因かもしれません。
喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、睡眠時無呼吸症候群など呼吸に関する病気はたくさんあります。当院では呼吸器専門医の適切な診断のもと、お一人おひとりの症状に合わせた診療を行っております。呼吸の症状や肺の病気でお困りのときはもちろん、健康診断などの胸部X線(レントゲン)で異常陰影がみつかったときCT検査ができますのでお気軽にご相談ください。

このような症状があるときは呼吸器内科にご相談ください。

  • 咳がなかなか止まらない
  • 痰がよくからむ
  • 痰に血が混ざっている
  • 早足や坂道など少しの運動でも息切れする
  • 家族にいびきや睡眠中の無呼吸を指摘された
  • 呼吸をするのが苦しい
  • 呼吸をするたび胸が痛い
  • 呼吸時にゼイゼイ・ヒューヒューという音がする
  • レントゲンで異常を指摘された

主な呼吸器疾患

気管支喘息(ぜんそく)
喘息(ぜんそく)の人の気道は常に炎症を起こしている状態で、健康な人に比べて気道が狭くわずかな刺激でも発作が起きてしまいます。例えば、ホコリやタバコ、ストレスなど刺激となる要因はさまざまです。発作的に咳や痰が出る、ゼーゼー、ヒューヒューという音を伴う息苦しさの自覚症状がある方は気管支喘息の疑いがあります。
年齢・性別は関係なく現代人に増えている病気の一つで、慢性・進行性であるため、長期的かつ継続的な治療が必要となります。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称で、原因のほとんどは習慣的喫煙です。分かりやすく言うと、タバコ病です。40歳以上で発症することが多く高齢になるほど、咳や痰、息切れなどの症状が明確に現れ、重症になると日常生活に支障をきたしてしまう病気です。
気管支炎
気管支炎とは、気管支に炎症の中心があり咳や痰などの呼吸器症状を引きおこす病気の総称です。咳や痰の他に、背中の痛みやこわばり、肩こり、関節痛などを伴う場合もあります。数日から数週間で治る急性気管支炎と、数週間から数ヶ月以上咳や痰などの症状が続く慢性気管支炎とに分けられます。
急性気管支炎の多くはウイルスによる感染症が原因とされますが、思わぬ病気が隠れていることもあります。咳だけだからと甘く見ず、早めに呼吸器内科を受診されることをおすすめします。
肺炎
肺炎は、細菌やウイルスなどの病原微生物の感染により、肺に炎症を起こす病気です。咳、痰、息切れ、胸の痛み、発熱などの症状が見られます。高齢になるほど肺炎に罹りやすく、死因の上位にも上げられます。レントゲンや血液検査などの必要な検査を行った上で肺炎と診断された場合には、原因微生物を特定し抗菌薬による治療を行います。
肺癌
日本のがん死亡者数が多い病気は肺癌といわれています。肺癌の主な症状には咳や痰、胸痛、呼吸困難感などがありますが早期では症状がありません。進行しても症状がでない場合も多々あります。そのため早期発見が難しいがんの一つと言われております。当院ではCT検査で早期診断が可能です。
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。10秒以上の気流停止を無呼吸といい、無呼吸が一晩に30回以上、もしくは1時間のうち5回以上起これば、睡眠時無呼吸症候群とされます。睡眠が分断されることによる昼間の眠気、高血圧の合併、心血管系・脳血管系の合併症など生活習慣病につながる危険因子でもあります。
大きないびきをかく、睡眠中の無呼吸を指摘された、日中の眠気、起床時の頭痛などの自覚症状がある方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。簡易型睡眠時無呼吸検査という自宅で検査をする方法もありますので、お悩みの方は一度ご相談ください。